カートをみる 会員様ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

大判出力データの作り方

 対応可能な大判出力データ・アプリケーションについて

デジカメ及び一般アプリケーションの対応画像データ形式
一般的なデジカメデータでもあるJPEG、BMP、TIFF に対応致します。

対応アプリケーション    以下アプリケーションの最新バージョンに、対応しております。

アプリケーションごとのデータの作り方は、以下の参考にして下さい。

 大判出力データの作り方
Word、Excel
・ご希望プリントサイズが、定型サイズ(A0やB1など)の場合には、お客様のパソコン環境で製作可能なサイズ
 (A4やB4など)でデータをお作りいただければ、当店で拡大致します。なお、余白の関係で、当店でいただいたデータからPDFデータやパワーポイントデータを作成し、プリントをする場合もございます。
※テストプリントをメールでお送り致しますので、ご確認後正式のプリント作業に入ります。

・フォントは、当店にないものをお客様がお使いになられた場合、他のものに置き換わってしまいますので、
初期インストールされている標準的なものをお使いいただければ幸いです。
・文字装飾の『太文字』は、文字が潰れてしまいますので、複雑な漢字などにはお使いになられないで下さい。
・PC環境の違いなどから、意図しない部位で改行したり、お客様ご使用のフォントが当店にない場合がございます。
その場合、当店で修正後のテストプリントをメールでお送り致します。ご確認後、正式のプリント作業を進めさせていただきます。
※なお最終的にお客様のご要望通りに修正が出来ない場合もありますので、ご了承ください。
【大判出力データの作り方トップへもどる】

PowerPoint
・データの作成時、まずページ設定にて、プリントするサイズを直接インプットするか、同じ縦横比の数値を
 インプットしてから、作業を始めて下さい。 → 当店にて、プリントご希望サイズへ拡大致します。

・PC環境の違いなどから、意図しない部位で改行したり、お客様ご使用のフォントが当店にないこと等がありま
 すので、
確認用にPowerPointから作ったPDFファイルかjpegファイルをお送り下さい。 
 → 当店にないフォントをお使いの場合は、近いものに置き換えさせていただきます。

(JPGデータの作り方や、その他PowerPointでのご注意は、『学会ポスター印刷(プリント)のご案内 』 の中ほどに、
 詳しい説明がありますので、そちらをご覧下さい。)
【大判出力データの作り方トップへもどる】

PDF
・フォントの埋め込みをお願いします。
※埋め込みが確認できなかった場合は、当店からテストプリントをお送りしてご確認後のプリントとなります。
【大判出力データの作り方トップへもどる】

Illustrator
・入稿されるデータは、EPSではなく、通常のイラストレーターデータ(ai形式)にてお願い致します。
・プリントサイズにて、データはお作りいただくことを、お勧め致します。
フォントは、必ずアウトライン化して下さい。
・リンク切れを避けるため、配置される画像などは埋め込んでいただくか、画像データも一緒にお送りください。
・実際に使用しないオブジェクトやレイヤーは等は、削除をして下さい。
【大判出力データの作り方トップへもどる】

Photoshop
・デジカメデータをお送りいただく場合は、そのまま当店へお送りください。ご注文のサイズにトリミングをしてプリントを致します。なお、そのままの縦横比でプリントをすることや、周りに余白を付けてプリントをすることも可能ですので、
ご希望がございましたら、ご注文時にお伝えください。
・データ形式は、お客様が編集されている途中では品質に考慮し、PSD、TIFF、BMP等のファイル形式で保存していただき、当店へデータをお送りいただく際に、JPEGデータに保存をしてお送りいただくことをお勧めいたします。
・PSD、TIFFデータで入稿の場合は、レイヤーを統合したデータをお送りください。
【大判出力データの作り方トップへもどる】


ご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡下さい。

ページトップへ